恋愛で学んだのはナンパでも生かせる!手法もありき

恋愛で学んだのはナンパでも生かせる!手法もありき

友人と久しぶりにあってみると、昔のナンパの話とかで盛り上がることが多い。いい年になると、出会いも少なくなるけど、だからこそ一つ一つを大切にすることが出来る。

 

 

 

いっぱいあると生かせるモノもダメになるから。ナンパも同じ。

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃は、気が弱くおとなしいと言われていた私ですが歳を重ねるにつれ、図々しさが増してきたのか、押しが強く、気の強い人だと言われるようになってきました。

 

弱い自分が大嫌いで、いつも「強くなりたい」と思いながら育ちました。そのため、今の「気が強い女性」という周囲からの評価に関しては、かねてから私が願っていたこととして、褒められた良いことだと思って暮らしています。

 

社会に出てからは、他人の前で弱い自分をさらすことをしなくなり、時には虚勢を張ることさえありました。そんなふうにして振舞ってきた結果、なりたい自分になることが出来たのです。

 

でもそれと同時に忘れてはならないと肝に銘じていることがあります。それは自分よりも弱いものに対する思いやりや優しさです。そのため、人と接する時には、時々幼少期に気が弱かった自分に戻ってその時の気持ちで相手の立場や気分を推し量るようにしています。強くなることは、外部からの刺激や摩擦に鈍感になることでもあるため、相手の気持ちを考える時には、そういったものに敏感だった頃の自分に戻ってみるのです。

 

 

ワンナイトラブならこちら

 

色々考えるとややこしくなりますが、優しくあるということは、自分が強くないと出来ないことでもあるし、弱さも理解していないと出来ないことでもあるのです。これは全く矛盾する話ではありません。

 

あまり抽象的なことばかりを書き並べても分かりづらいと思いますが、日常生活における言動の中で具体的にいえば、以下のようなことです。乗り物でお年寄りに席を譲ったり、大きなショッピングモールで迷子になった子に声をかけてあげたり、捨てられた犬猫を保護して飼い主を捜したり、里親を探したり、自然災害の被災地でボランティア活動をしたり・・・物怖じせずに自分が守ってあげたい者を見つけた時に声をかけることを大切にしているのです。

 

 

 

何事をするにしてもそうだけど、何かの戦略を持って行動が出来る人と、そうじゃない人ではかなり結果が変わってくると私は思っている。

 

 

 

一つにナンパも同じですよね。東京のナンパと大阪のナンパの違いがあるするならば、結局顔面が素敵なナンパ師なんて少ないわけですよ。

 

 

 

ナンパサイトで有名なこの記事↓

 

 

 

このNさんでもアンモナでナンパをしていますが、失敗の連続だと書いています。結局が何が言いたいかというと、綺麗でイケメンならナンパしないって。だからこそ平等にチャンスが訪れるわけです。

 

 

 

一つの指標があるかもしれませんが、それを徹底的に攻めるのもまた一つの選択しかなと思っています。

 

 

 

表面的な部分と裏側を整理しながら自分なりの理解力を深めていきながら、最終的な判断基準は何といっても「結果」ですよね。

 

 

 

目に見える結果が欲しいならそれに見合うための何かを得るために捨てることも必要だし、時としては、やりぬくことも大切になるかもしれません。

 

 

 

 

リスクとリターンのせめぎあいで生まれるナンパ魂がある。特に大阪では。

 

任意整理の体験談もいい感じやで

 

任意整理体験談ブログ|債務整理を検討中にはお得な情報!